フリーエンジニアと技術進化と自発的な勉強

会社員のエンジニアとして働いていた時にはあまり感じなかったことで、フリーエンジニアになって強く感じることの一つは、会社での研修等の学ぶ機会に対するありがたさだと言われています。
会社員の時は、研修というと、業務がストップしたり残業によってキャッチアップする必要が生じたりして面倒なものだと感じていたかもしれません。しかし、一旦フリーエンジニアとして独立すると、必要な時に必要な知識を強制的とはいえ学ばせてくれた企業の待遇の良さに気付くのです。

エンジニア業界で働く場合、どんな分野であれ技術進歩のスピードは早い場合が多く、少し勉強していないと自分のスキルや知識があっという間に陳腐化するという特徴があります。
そのため、フリーエンジニアは、目の前の業務をこなすだけでなく、自分の育成計画を自分で作り、自ら最新の知識等を学んでいく姿勢が求められます。

自営業ですから、自分でその行動を起こさない限り誰も心配をしてくれません。通常業務で収入を得ることは怠けることができないでしょうから、新しい知識を付けるために勉強する時間は、どうしても休みの日ということになるでしょう。フリーで働いている者にとっては、完全な休暇というのはなかなか考えにくいかもしれません。
休暇はクライアント向けの仕事をしないというだけであって、研修に相当するような勉強や将来の戦略を考えるようなことは、休暇中に考えることになるケースも多いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です